大阪府東大阪市布市町3丁目1-41
072-987-5587
info@tsuchiyasu.co.jp

ノバル工法

従来型ダウンザホール工法の削孔能力と
同等以上の削孔能力を維持!
機材省力化・工期短縮が可能となり経済性・品質が向上

ノバル工法(場所打ち杭工法)転石・玉石・岩盤等の硬質地盤を削孔して杭を打設する技術です。現場状況により削孔後、
グラウトを同時に注入し工程を簡略化出来る且つスクリュー排土機能によりスライムの飛散が非常に少ない技術です。

機材省力化・工期短縮が可能

ノバル工法では、従来型ダウンザホール工法の削孔能力と同等以上の削孔能力を維持した上で、削孔後、ノバルハンマーを引き上げ時、目的に応じてビット先端より根固め用・杭周固定用・孔壁保護用等のグラウトを確実に孔底へ注入・充填が可能である。
また、ノバルハンマーはスクリュー排土方式を採用しているため、破砕されたスライムは、回転するスクリューで容易に排出され、一般土・転石・玉石・岩盤等幅広い地層の変化にも十分対応でき、スライムの吹上が従来型よりも圧倒的に減少します。

ノバル工法の効果

  1. 工事の経済性の向上、機材の省力化、工事可能範囲の拡大等が期待できる。
  2. 従来技術に対し、粉塵飛散が極端に少ない。
  3. 従来技術に対し、振動・騒音が20dB前後少ないため、都市土木等環境対策が必要な箇所や夜間 工事の施工が可能。

施工機械

ノバルハンマー ノバルコンプレッサー
NV-45 NV-55 DIS-1300UB
能力 能力
NV-45 ビット適用範囲 径380-450
NV-55 ビット適用範囲 径460-650
吐出圧力(MPa):1.27
吐出空気量(㎥/min):36.8

関連リンク=ノバルメックス・ノバル工法技術協会